アメジストとカルサイト

アメジストとカルサイト
アメジストとカルサイトがくっついた状態で産出したものです。
 
アメジストは、紫色の水晶のことで、紫水晶ともいわれます。半透明でガラス光沢があり、色は淡いライラックから、濃紫まであります。直射日光のあたる窓際では紫外線により退色することがあります。
 
ブラジルのリオ・グランデ・ド・スール州が世界最大のアメジストの産地です。また、スリランカ、マダガスカル、中央アフリカで質の良いものが産出します。日本では、宮城県や鳥取県で産出します。
 
二月の誕生石で、誠実・平和・高貴・覚醒・愛情などの意味があります。
 
アメジストの名は、紫水晶を持つと酔いを防ぐと信じられていたことから、ギリシア語のamethustos(酔わせない)に由来しています。
 
カルサイトは、炭酸カルシウムでできた石灰岩の主成分鉱物です。鉱石の場合は石灰石、石材の場合は大理石と呼ばれます。三方晶系に属し、変成岩である結晶質石灰岩では、方解石の細かな結晶が、再結晶して大きくなる。純粋なものは透明か白だが、不純物を含み色がつくものもあります。
BB4348
TOP